2月15日

自分は大学祭実行委員会に所属している。
昨日の問いかけを大学全体に投げかける為に、自分は大学祭で企画を行うことにした。
「なぜ、途上国の貧困層を助けなければならないのか」
この問いかけに、各学科の教授、宗教家、開発協力に携わる人々等に答えてもらう。
この問いかけによって、国際公務員になりたい人間の多いこの大学が、真の意味で大学になるような気がする。

JICAの職員方から、OB訪問を快諾するメールが届き始めた。
みないい人そうで、なんだかうれしくなってきた。
いったいどのような話が聞けるのだろうか。
[PR]
by kakasi0907 | 2006-02-16 02:23


<< 2月16日 苛立ち 2月13日② >>