更新停止?

4月1日から部屋に入れるので、そしたらまた更新する。
1日にあった事を書き記す事は、あまり心地よくはないけれど必要な事であると思う。
逆にネットという媒体を使って、人目にさらす事は心地よい緊張感があっていい。
インドに滞在していた頃のように書けるとは思わないが、等身大の心の震えを書けたら良いと思う。

帰国以来、知人の家を転々としている。ある時は友人のところに、またある時は大学の先生の所に。
迷惑をかけて申し訳ないと思う気持ちと、好意を素直に受け入れたいと想う気持ちがあいまいに心の中に存在し、今まで見た事のない自分を発見する。ありのままを求められているのに、微妙に繕おうとする自分がいる。不思議だ。

インドと比べてしまうのはおかしいかもしれないが、家をもたないインド人と海外からの旅人を隔てるものは間違いなく金だが、日本においては様々な設備が壁の構成要素としての金の役割を小さくしている。
泊まる所無く夜をふらついていると強く認識する。体は休まらずとも暖かくしのげる場所はいくらでもある。生活に必要な設備は公園に行けば全てそろう。

家を持たず転々とする生活は貴重な体験。体に負担はかかるが。
もし今風邪を引いたら、と思うとおそろしくなる。が、友人達が助けてくれるかもしれない。
様々な足下の薄皮が自分と弱肉強食の世界を隔てている。

友人知人の暖かさに感謝したい。死ぬ程。
[PR]
by kakasi0907 | 2005-03-28 12:38


<< 3月29日 学園祭実行委員会の... 大相撲 >>