4月2日 駅弁

昨夜メールで妹と会話した。八王子に居たらしい。自分は三鷹に居た。
妹は友人と一緒に居たようで、その友人と間接的に会話をした。彼女もしくは彼は少しオタクっぽい子だった。ネット上の怖いゲームについて盛り上がった。
正直言って怖い話は苦手だが、インドに発つ前「学校であった怖い話」というSFCのソフトをやり込んだ事がある。後輩達と異常な程に盛り上がり、部室のPCにかじりついていた。
インドに発つ前という事で精神的に少し不安定だったのかもしれない。

今は、どうだろうか。インドに渡ってからしばらくの間、夜のオフィスが怖かった。
恐い話の中に出て来た化け物が闇の中に潜んでいるようで。
数ヶ月もすると、化け物よりも人間・人生そのものが恐ろしく感じる様になった。
目を閉じたり、暗闇の中に居たり、人ごみの中に居ても、狂おしい怖れを感じた。
何でも打ち明ける事の出来る友人がインドには居なかった。

今は、また暗闇の化け物が少し怖い。人生はそれほど恐ろしくないかもしれない。
また突然恐ろしさが溢れ出す事が無いとは言い切れないけれど。

祖母が俺の父母の家に向うという事で、東京駅まで見送りに行った。
衰えた祖母の姿を見て、人生そのものを恐れる感情が心のどこかに確かに存在するという事を感じた。インドを発つ前は無理に目を背けるだけだった。今は、少し違う。
何かもっと、落ち着いて暖かいような。

祖母が駅弁を二つ買って持たせてくれた。イカめしと牛肉弁当だった。
持ち帰って部室で食べた。
[PR]
by kakasi0907 | 2005-04-03 15:30


<< 7月21日 閉塞感 4月1日 就職 >>