2月6日③

自分が貧困削減にかかわる動機は少し見えてきた。
が、この動機はあまりにも個人的過ぎる。自分がこのような動機を持っているという事を示す事によって、共感を得られる事はあるかもしれないが、あくまでそれどまり。

自分勝手な存在が気ままに生きているこの世界の中で、他人の”生の楽しみ喜びを追求する手段”を補填するために、自分勝手で気ままな存在がお金を払う事に賛成するようになる為には、彼らを説得する論理が必要になる。

ロールズの正義論。
[PR]
by kakasi0907 | 2006-02-06 06:58


<< 2月6日④ 2月6日② 1月31日 改訂 >>